かやぶきの里 美山

丹後半島周遊の旅、最後にご紹介させていただく所は
「かやぶきの里 美山(ミヤマ)」です。

b0260581_1615431.jpg


かやぶきの歴史ある建物がうしろの山に抱かれるように存在しています。

b0260581_1632535.jpg


タイムスリップしたような幻想にとらわれます。



b0260581_1663365.jpg


美山民族資料館に入ってみることにしました

b0260581_1682669.jpg


納屋の天井。吹き抜けになっていてかやぶきがしっかり施されている様子が見られました。

b0260581_16105834.jpg


座敷ではお茶のサービスがあり、ゆったりくつろぎながら
先人たちの思いにふけってみました。

資料館を後にして、途中

b0260581_1613641.jpg


かやのふきかえをしている建物がありました。
ふきかえをする職人さんも今は少なくなったと聞きます。

新建築の建前などでは今は機械を使いますが
かやの上げ下ろしは人の手でやっているんですね。

この里は、何軒か民宿を営んでいるおうちもあるそうですが
ほとんどが一般の住居です。
「大内宿」と違い、お店屋さんが1軒もないのは寂しいなとも思いましたが
ここはここで、それでいいのかもしれません。

お店屋さん、まったくないわけではないんですよ。
少し離れたところで

b0260581_16251046.jpg

[PR]
# by sato933 | 2012-11-19 16:28 | お出かけ

北近畿タンゴ鉄道 sanpo

今回の旅はいろんな乗りものに乗ったような。
今度はローカル線です。

b0260581_1617894.jpg


真っ青な車体で1両編成。

車内は

b0260581_16183522.jpg


左右2人掛けの椅子・・・ってことは
ちょうど観光バスくらいの大きさ?

乗車区間は、栗田(クンダ)駅から四所(シショ)駅まで。
ほとんど私たちのツアーで貸し切り状態だったけど
地元の方もちょっぴりいましたよ。

途中、このようなところも。

b0260581_16225558.jpg


てか、ここがメインで乗車したようなものだけど。
由良川橋梁(ユラガワキョウリョウ)。
ディーゼルだから電線がないでしょ?
そこがまたローカル線のいい味出してると思うの。
川幅が結構あってね、水の上を走る鉄道って感じが充分楽しめました。
[PR]
# by sato933 | 2012-11-13 16:30 | お出かけ

がんばらない、自然体で暮らす毎日の献立です。


by さと